【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールで取得できる資格の種類とは?

ダイビングのライセンスを取得すれば、どんな海でも潜り放題になります。

しかし実際は、ダイビングスクールで取得できる資格の種類には様々なものがあります。

ではダイビングランセンスの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

ライセンスの種類と内容について見ていきましょう。

 

そもそもダイビングライセンスとは何か

スキューバダイビングのライセンスとは、ダイビング技術を指導する団体が発行する認定証を指します。

つまり、ダイビングをする許可証を指導団体が発行しているということです。

つまり、許可証であるライセンスを持っていなければ、旅行先のレジャー施設でダイビングをさせてもらえないということです。

でもダイビング関係でよく耳にする「Cカード」を1枚取得すれば良いのではないのかと思う人もいるかもしれません。

このCカードは、いわゆるレジャーダイビングができる技術と知識があることを認めるライセンスです。

しかしライセンスには、実は複数あり、ダイビングスクールでは簡単なものから順に取得できるようになっています。

そして、複数ある指導団体によって、潜れる水深レベルや認定基準が異なってきます。

 

指導団体により異なるライセンスの種類

ライセンスは指導団体により、その内容やレベル、認定基準が異なります。

具体的にどのようなライセンスの種類があるのか見ていきましょう。

ダイビングスクールが所属している団体によって、ライセンスの種類は変わってきます。

ここでは、PADIを具体例ご紹介します。

 

オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

ダイビングを始めたての人が、取得可能な初級のダイビングライセンスです。

ダイバーとして必要な知識や技術を身につけることが可能なコースです。

このコースを修了すると、水深18mまでのダイビングをしても良いということになります。

 

スペシャルティ・コース(SP)

上記の初級ダイビングライセンス取得すると、受講可能になるコースです。

このスペシャルティ・コースですが、実はテーマごとにわかれています。

例えば、水中写真の撮り方を学びたいという人は、デジタル・アンダーウォーター・スペシャルティというコースがあります。

水中の綺麗な写真を撮れるとダイビングの楽しさがより一層増します。

また、深く潜るディープ・ダイビング・スペシャルティというコースもあります。

浅い場所とはまた違った景色を楽しめるなど、こちらもより充実したダイビングのために必要になってきます。

このように、テーマに即した専門的なライセンスを取得できます。

 

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)

中級のダイビングライセンスになります。

ディープダイビングなどのテーマに沿ったダイビングにチャレンジし、ダイビングの幅を広げるために経験を積むコースです。

このライセンスがあると、より一層海を楽しむことができます。

 

レスキューダイバー(RED)

中~上級のダイビングライセンスになります。

ダイビングは楽しい反面、一歩間違うと危険も潜んでいます。

水中でのトラブルを未然に防ぐ方法を学んだ証のライセンスです。

 

指導団体によって潜れる水深が違う

他の認定団体によって、細かい規定が異なってきます。

例えば潜れる水深も、指導団体によって異なってきます。

それに合わせて、受ける講習の内容も異なってきますので、ダイビングスクールが所属している団体について確認しておくと良いでしょう。

 

一言でダイビングライセンスと言っても、指導団体ごとに複数のライセンスにわかれています。

更に、指導団体によって、世界中で使うことができるダイビングライセンス、使用可能な国が限定されているダイビングライセンス、限定された店だけで使用可能なダイビングライセンス、と様々な種類のダイビングライセンスを発行している団体があります。

せっかく取得するなら、どこでも使えるダイビングライセンスが良いと考える人も多いはずです。

どんどん世界中の海に潜りたいという人は、ダイビングスクールで直接話を聞くと安心です。

サイト内検索
記事一覧