【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールでライセンスを取得するためにいい時期はある?

ダイビングスクールでライセンスを手に入れようと検討している人は、取得時期に悩まされることがあるでしょう。

ライセンス取得には、望ましいタイミングがあります。

ライセンス取得のタイミングは、たしかに夏のシーズンがベストという捉え方がありますが、いい時期は他にもあります。

 

夏のシーズンは非常に混雑しています

取得にふさわしいシーズンと言われて考え付くのはまず夏です。

気温が上がると気分も高まり現実に海に来る人も相当増えるのは夏のシーズンです。

しかしながら、ライセンス取得について最適と言われると、実際のところそうでもない点があります。

ライセンス取得に関して、暑い時期は気分も気温も高まるタイミングですが、そのように感じる人は多いといえます。

要するに、非常に混むことになります。

人が多いことは海に出かける道も海も混雑しているということと同じですから、どのダイビングスポットに足を運んだとしても人が多いことになります。

それに加えて同じ様なタイミングでライセンスを手に入れようとする人が多いという意味合いで、ライセンス講習そのものも混雑しています。

 

夏休みの前のタイミングが好条件です

夏の季節は、混雑しているので、ダイビングのテクニックをしっかりトレーニングしながら、海中でゆっくり魚をエンジョイしてみたりという余裕がなくなり易いタイミングでもあります。

とはいえ夏の季節からダイビングチャレンジしたい人もいることでしょう。

こういった方にお奨めなのが6月~7月の夏休み前の取得になります。

6月になれば海についても夏のシーズンに近づき水温が上がって、透明度も高まります。

更に、まだ海に来ている人は限られるので落ち着いてライセンス講習を受けることが可能です。

こうした時期にライセンス取得すると夏休み前に取れて、しっかり講習を受けられます。

梅雨のタイミングなので雨が非常に多いことを意識される方もいますが、毎日のように降っているということはありませんし、雨であっても海中は無関係なので穴場のタイミングといえます。

 

秋のシーズンも台風を除けば適しています

秋のシーズンも同じ様に、夏のシーズンよりも混雑していなくて、更に6月~7月の夏休み前と比べて水温も高く、透明度が高い利点があります。

これに関してはスムーズにダイビングに取り組む条件として大きいメリットと言えるでしょう。

秋の太平洋沿岸はベストシーズンになるのですが、ほとんど知られていないといわれています。

黒潮が太平洋沿岸に近づくことが要因で水温も透明度も高くなります。

あらためていうまでもなく、日本を代表するメッカの沖縄も最適です。

しかしながら、残念なのは全国各地で台風がくることです。

台風が来ると海は荒れ、うねりから来て海中の透明度も下がります。

日本国内に台風がなかったらライセンス取得もでき、ベストになるのです。

台風の直撃が少ない場所であれば、相対的に影響されることなくダイビングに取り組むことができます。

一方、気象条件なのでその年で差異が出てしまいます。

 

ダイビングのライセンス取得のタイミングとして望ましいシーズンは6月~7月の夏休みの前、それから、夏休みが過ぎた9月~10月に分けられることになります。

こうしたシーズンは間違いなく、推奨できるタイミングといえます。

とりわけ9月~10月は一番推薦できるシーズンと言えるでしょう。

ただし台風の影響がないことが前提になります。

もちろん、人が増え混雑するタイミングではありますが、7月~8月も推奨できます。

こうした時期を狙って、ダイビングライセンス取得を検討しましょう。

サイト内検索
記事一覧