【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールのスケジュールを知ろう

現在日本にはありとあらゆる娯楽があり、多趣味な人が増えました。気軽に始めることができるものもありますが、ハードルが高くなかなか一歩が踏み出せないというものもあります。その中の一つで代表的なものとなるのが、ダイビングではないでしょうか。

体験だけならば楽しむだけで良いですが、一人で潜ったり自由に楽しむためには、しっかりとした知識と経験が必要となってきます。何から始めれば良いかわからないという人が多いですが、その際にはまずダイビングスクールに通うことから始めるべきです。

スクールに行きCカードと呼ばれる、ライセンスを取得することがはじめの一歩と言えるのではないでしょうか。一口にダイビングのスクールといっても、数多く存在しておりそれぞれに料金や内容、雰囲気など異なる点は多いので良く吟味してから選ばなくてはなりません。いざダイビングのスクールに通うとなれば、気になるのはどの程度でCカードの取得ができるのかという点や、スケジュールはどうなっているのかというところではないでしょうか。

 

基本的には四日間程度で取得することが可能

ダイビングというとかなり時間がかかるもので、気軽にライセンスの取得はできないと考えてしまいがちではないでしょうか。もちろん人それぞれのペースがあったり、スクールによる違いがあるので必ずしも同じというわけではありません。しかし基本的には四日間程度あれば、一番簡単で初心者が取得することができるライセンスの取得は可能となっているケースが大半です。

申し込みをしてスクールに足を運び、手続きをすることになりますが、送迎の有無など細かな点の違いもあるので確認しておくようにしましょう。簡単な説明の後には、学科講習があります。学科講習では、水中で安全に楽しむための基本的な知識を学ぶことになります。ダイビングをしたい人ならば、すぐに水に入り教えて貰いたいと考えてしまいがちですが、安全に楽しむためにも学科講習は欠かせない存在であり重要なので、しっかり聞いておくようにしましょう。

ダイビング器材の選び方や使用前の準備、手入れの方法といったことから、水中で快適にダイビングを楽しむために必要となる自然環境や生物に関する情報、水中でトラブルが起きないようにするための安全のルール、そしてコースが修了した後のダイビングの楽しみ方や、基本的なCカードからのステップアップなど、ダイビングに関する様々なことを教えてもらうことができます。わからないことはしっかり聞きましょう。

水に入る講習の内容や流れについて

プールがあるスクールの場合には、まずプールでの講習を受けることになります。プールがない場合には、浅瀬で行うスクールもあります。通常は一日で終わりますが、ここではじっくりと学び焦らないように自分のペースでしっかり理解していくようにしましょう。海洋講習は、一日二回ほどダイブするスクールが大半となっています。

分けて通う場合のスケジュールとは

ダイビングのスクールで学ぶために数日の休みを割くことができる場合には、四日間程度まとめて集中して学科講習やプール、海で学ぶことになりますが、まとまった休みを取ることが難しいという場合には、少しずつ通うことになるのでライセンス取得までにかかる期間は人により異なります。

もちろんコースによる違いやスクールによる違いもありますが、安全に水中の世界を楽しむためにも、焦るのではなく一つずつ確実に学んでいかなくてはなりません。

 

スクールに通う期間が空いてしまうとせっかく教えてもらったことを忘れてしまい、また一からという雰囲気になってしまうのでできることならばまとまった休みを作り、ダイビングのスクールに時間を割くようにしておくべきではないでしょうか。

サイト内検索
記事一覧