【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールに通う前に準備するべきこととは?

ダイビングの魅力に目覚めて始めてみたいと決心した方が、まず最初にぶつかるのが器材の購入や学習計画の準備方法です。本編では、ダイビングスクールに入校して体験コースから始めることをお勧めしています。また、必須となる器材の調達はレンタルから開始するなど、コスト面で不安を抱えている方へ購入すべき順番についても言及していきます。

 

 

 

ダイビングに興味を持つメリットとは

ダイビングをやったことがない方は、海に潜ることに抵抗があったり、費用がかかる等、デメリットに目がいきがちです。ところが一度でもダイビングを経験すると、日常の生活から離れて海中に潜ることに大きな楽しみを見出す人が多くいます。海中生物を眺めたり、非日常の楽しさや開放感を体験できるのが大きなメリットだからです。また、目的を同じくする仲間との出会いもあり、生涯を通じてつきあえるようになるも楽しさの一つです。

ただし、本当の楽しみを知るためには正しいルールや知識を知る必要があり、スクールに通ってしっかりと用意する必要があります。ダイビングスクールには経験豊富なスタッフがいて、安心して任せることができますので安心です。ダイビングの体験コースや、ライセンスを取得して本格に始めたい人が、スクールに参加した際に、あらかじめ用意すべきことには何があるでしょう。以降にそれぞれまとめていきますので、参考にしてください。

初級者向けダイビング体験コースの準備

ライセンスを取得する以前に、まずは体験することを優先したコースがダイビングスクールに用意されていますので、これに参加する方もいます。そこでは、どんな用意をすれば良いか知っておきましょう。季節を問わず、ほぼ共通と考えられているのが、水着やタオル、及びビーチサンダルの他、着替え等であり、これらは海に入るための基本的な準備グッズです。

次に、あったら良いと思えるグッズを、以下に一例として掲載します。例えば、暑い夏なら日焼け対策が必要ですし、寒い冬なら体を冷やさない配慮が必要です。日焼け止めやラッシュガードのほか、サングラス、帽子などが必要でしょう。また、冬場は防寒グッズがあると便利です。また、女性の場合は、メイクやネイルは避けるのがベストです。メイクはうっかり剥がれて目に入る失敗も考えられるからです。尚、体験コースであればメイク落としのチャンスもあります。コンタクトはソフトなら可ですが、失くしてしまう可能性がありますので、使い捨ての製品を使いましょう。ネイルやつけ爪も、剥がれてしまうことが考えられるので使わないことが賢明です。

ダイビングに必要な器材を知りましょう

実際にダイビングをするためには、各種器材が必要となりますので、その種類や働きを覚えるとともに装着方法を学びましょう。必須の器材には、シリンダーBCレギュレーターなど、様々なものがあります。この他にも、マスクフィンダブコン(ダイブコンピューター)などがあります。これがないとダイビングができないものであり、それぞれの働きをしっかり学ぶことが大切です。

尚、本格的なダイビングをするためにはCカードの取得が必要ですので、スクールで知識や経験を積んだ上でチャレンジしましょう。また、最初のうちは全てを揃えるのはコスト面で厳しいので、レンタル対応する方が多いのも事実です。ただし、ウエットスーツグローブシュノーケル等、はじめから自分に合った器材があった方が良いものもあります。そこで、フィンやマスクなど比較的、購入しやすい器材から買い揃えていくことをお勧めします。

 

ダイビングの魅力に目覚めて、やってみたいと思うならばまずダイビングスクールに入校して正しい知識と経験を積むことが大切です。ここでは初心者としてチャレンジする方を想定して、体験コースにおいて準備すべきグッズの紹介をしてきました。そして、より本格的にライセンス取得を目指す際に必須となる器材のレンタルや購入について言及しましたので参考にしてください。

サイト内検索
記事一覧