【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールの合宿でダイビングのライセンスを取得しよう


本格的にダイビングを学ぶためには、どんな条件が必要でしょうか?
ここでは取得を目指すために必要なことを、まとめていきますので参考にしてください。
具体的にはダイビングスクールの合宿で集中的に学ぶことをお勧めしていますので、以下詳しくみていきます。

 

 

 

一般の方がダイビングの魅力にハマる時とは?

スキューバダイビングの魅力にハマった人は、口々にその素晴らしさを語ります。
海中での浮遊感や海中の生き物(カメ、イルカの他に各種の魚など)とのふれあいなど、素敵な体験ができるのも魅力です。
また参加する方は、年齢、性別に関係なく様々な立場です。
そんな方たちともダイビングを通じて交流を深めることができますので、とても有意義です。
まったく経験をしたことのない方であっても、一度でも体験するとその楽しさに気がつくことでしょう。
ところで、ダイビングは専用の空気ボンベを背負って海中に潜りますので、一定の知識や経験があることが求められます。
これがライセンス(Cカード)であり、所定の講習を受けて認定されることが必要です。
この認定はダイビングをする上で、避けて通ることはできません。
以降ではそもそもライセンスとは何か、効率よく取得するためにはどうすればよいかについてまとめていきますので、認定を受けたい方は参考にしてください。

ダイビングのライセンス取得とは?

海中に潜るという動作は、普段の生活とはかけ離れた環境で過ごす必要があります。
したがって、自分勝手に海中に入ることはできず、ルールを守る必要があります。
スキューバダイビングを本格的楽しむためには、ライセンスの取得が必須となります。

ここで言うライセンスとは、一般にCカードと呼ばれるものです。
潜水をするために必要とされている講習を受けて、確かにその知識があると認定された証明書のことです。
正確に言えばライセンスではなく認定証ですが、包括的にライセンスで通用します。
尚、Cは認定証(Certification)の頭文字をとったものです。

ダイビングをするために、必要な機材のレンタルをする場合には、Cカードの提示が必要となります。
ただしシュノーケリングは対象とはならず、Cカードの提示は不要です。
所定のコースを受講する必要がありますので、ライセンスを取得したい方はダイビングスクールに入校する必要があります。
ダイビングは水深によって対応が異なり、Cカードの提示が必要なのは水深8mまでのダイビング(オープンウォーターダイバー)です。

ライセンス取得は合宿で効率的!

Cカードを取得するためには、スクールに入校しますが個人の都合に合わせてコースを選択することが出来ます。
例えば格安で行えたり、日帰り対応ができるものなど様々です。
もし集中的して本格的なスキルアップを果たしたいのであれば、合宿コースがお勧めです。
スキルアップを果たすためのスタッフの指導も確かですし安全管理もしっかりしています。

潜るのが怖いという方のためには、体験コースやシュノーケリングからスタートする方法もあります。
しかし、ダイビングは潜ってこそ新しい世界が開けるとも言えますので、是非、はじめの段階から少しずつでも良いのでステップアップしてください。

間違った知識やルールで勝手に行動するとリスクはありますが、正しい知識や経験があれば安全なアウトドア・スポーツであると言えるからです。
そのためにも、自分に合ったスクールやコースを選んでしっかりと学びましょう。
なおスクールに在籍していれば、資格取得後のフォローアップもしっかりしていますので安心です。

ダイビングを満喫するためには、ライセンスを取得する必要があります。
海中に入るために必要な知識や経験を認定するCカードの取得が目的です。
そのためには、ダイビングスクールでしっかりと学ぶことができる合宿コースへの参加をお勧めします。
資格取得後のフォローもありますので、安心してライセンス取得を目指すことができます。

サイト内検索
記事一覧