【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールで機材のレンタルは可能?

ダイビングスクールに通いながら実技を学ぶ際に、用意すべき機材の全てを購入しなければならないのでしょうか。
そんなときは、機材のレンタルに対応しているスクールを選ぶことが大切です。

このサービスを活用してダイビングを始める方のために、はじめから購入すべきものと順序をみていきましょう。
また購入の場合との比較もしていきますので参考にしてください。

 

ダイビングスクールで機材をレンタルできる

ダイビングをやってみたいけれど、全くの初心者には敷居が高いと感じさせることがいくつかあります。
例えば全く泳げない人にとっては、海中に潜ることに抵抗を持つかもしれません。
またダイビングする前に、必要な機材を揃えなければならない点も参加を躊躇する理由の一つです。

決して安くない機材ですので、まだどれだけ続けていけるのか明確でない段階で大金を出せないということです。
そこで体験コースへ参加するレベルや、ダイビングの最初の段階ではダイビングスクールでのレンタルサービスを利用する方法をお勧めします。
本格的に機材を揃えるのは、費用面で負担を感じるからです。

また、スクール内で使用するときにだけ借りるのではなく実際に海に出るときも、しばらくの間はこのサービスを活用する方がコスト的に有利です。
そして、ある程度慣れるかライセンスを取得した後に、初めて自分用の機材を購入すれば良いでしょう。

レンタル機材と併用して購入する際の揃え方と順序

全てを借りても良いですが、最初からは費用面で難しいという方もいます。
そこで、これだけは最初から購入しておいた方がよいというものや、購入すべきタイミングを考えてみましょう。

ダイビングマスクは顔に直接触れるため、できれば最初から購入することを推奨します。
なぜなら他人が使ったものですと不潔感を持ってしまったり、フィットしない場合があるからです。
また、シュノーケルも同様の理由から、合わせて購入しておくと良いでしょう。

インストラクターになってからも、最初の段階は借りた機材で対応する場合がほとんどかもしれません。
その中でも、先に購入すべきなのは、ダイビングマスクやシュノーケルに加えて、ダイブコンピューター(ダイコン)も合わせて購入しましよう。

これは減圧症になってしまうリスクを軽減するために、必要な道具ですので無視できません。
次の段階ではウエットスーツとフィンという順序で購入していくことをお勧めします。
特にウエットスーツは自分にフィットしない可能性もありますので、先にこちらを購入してダイビングに慣れていく考えも良いでしょう。

ダイビング機材はレンタルと購入のどちらが得か?

貸し出し料金は、7000円~10000円程度が相場であり、これはショップに実際に支払うものです。
そこで気になるのは、購入した場合との比較では、どちらが得なのかといった疑問です。
機材一式を購入する額と比較した場合、回数が重なるとそれに相当する金額を支払うことになります。

例えば、ざっくりと言って貸し出しの費用が1回あたり8000円、機材一式が20万円だとすると、20日間で機材が購入できてしまうことになります。
上記のようにダイビングが好きになって、これからも続けていけそうなら早めに自分にあった機材を購入した方がコスト面で有利です。
ただし、始めたばかりの方は、長い間続けられる見通しが立つまでの間は購入を控えて対応していく方が無難でしょう。

 

ダイビングスクールに通うために、機材のレンタルサービスが利用できると始めやすいことに言及しました。
もし継続的にスクールに通う決意があれば、なるべく早い段階で購入に踏み切った方がトータルコストを安くできて得です。
しかし長く続ける自信がまだない方は、しばらくの間は購入を控えた対応で様子をみる方法もあります。
ここでは購入時の費用の一例も掲載しましたので、参考までにご覧ください。

サイト内検索
記事一覧