【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールに通う費用はどれぐらい?

現在日本にもありとあらゆる娯楽が存在しており、様々な趣味を持つ人が増えました。その中でも人気のあるものの一つが、マリンスポーツではないでしょうか。一口にマリンスポーツと言ってもいろいろありますが、ダイビングに興味を持っているという人はかなり多いです。

しかしダイビングは誰もが気軽に始めることができるものではなく、敷居が高い存在に感じてしまい、いざ始めたいと考えても何から手をつければ良いかで悩み躊躇してしまいがちです。

その際に役立つのがダイビングスクールです。手っ取り早い方法であり、近年ダイビングはさらに人気を高めているということから、ダイビングスクールの数も増えています。どこに通っても同じと考えてしまいがちですが、スクールごとに異なる点があるのでよく比較してから選ばなくてはなりません。その中でも、金銭面の違いには注目しておくようにし、内訳をしっかりと理解しておきましょう。

ダイビングスクールの相場について

基本的な相場はどの程度かを把握してからスクールを選ぼうと考えるのは当然のことであり、いきなり一つに決めて申し込むべきではないことは確かです。しかし、まず頭に置いておかなくてはならないのが、ライセンスを取得するまでの費用には、定価といった基準が存在しないという点ではないでしょうか。

Cカードの取得にかかる費用は安いところで2万円程度、高くて5万円ほどとなっています。ダイビングのスクールが教材や器材を購入したり申請料を支払うなどして、ライセンスを発行することになりますが、これらを使用したサービス内容に関しては、それぞれのダイビングスクールが独自に決めています。そのためライセンス取得のために必要となるトータルの金額がどの程度になるのかには、スクールによって大きな差があり、スクール選びが重要になってくることは間違いありません。

取得するスクールのタイプによる違いとは

一口にダイビングのスクールといっても、大きく分けると都市型と郊外型、リゾート型の三つのタイプに分けることができ、それぞれで料金に違いがあります。都市型は駅から近かったり、学校や仕事帰りに立ち寄るのに便利な立地条件にあり、都市部に多いので通いやすく気軽に始めることができますが、料金は三つのタイプの中で最も高額になりがちです。

最も安い傾向にあるのがリゾート型であり、ダイビングのポイント近くに位置しているので、そのポイントに精通しているという特徴がありますが、都心部にはないということから通うとなれば交通手段や時間で悩むことになるケースも多いです。リゾート型では2~3万円程度でライセンスの取得が可能です。

ライセンス取得までの費用を基本に考えて比較するべき

スクールのウェブサイトや広告などに料金が表示されているケースが大半ですが、それはどの程度の内容なのかをよくチェックしておかなくてはなりません。基本プランはリーズナブルな料金でも、ダイビング器材や教材の購入が必要になってしまったり、後々追加でレッスン料が発生するということもあります。

トラブルになってしまわないためにも、金銭のことは事前にしっかり確認しておく必要があります。最低限としてCカードと呼ばれるライセンス認定証を取得するまでには、どの程度のトータル費用がかかるのかを聞いておくようにしましょう。より明確に金額を教えてくれて、内訳までしっかりと出してくれるスクールを選んでおくと、より安心して通うことができるのではないでしょうか。

 

ダイビングのスクールに通うことにより必要となるトータルの金額は、通うスクールごとに大きな違いがあることは間違いないので、よく比較してから選ぶ必要があります。もちろん金銭面の違いだけではなく、本当に信頼できてきちんと教えてもらうことができるのかや、スクールでの講習が終わったあとにもイベントが開催されていて楽しくダイビングライフを送ることができるのかなど、チェックしておくべきポイントが多数あることは確かです。

サイト内検索
記事一覧