【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

都市のダイビングスクールは温水プールで学ぶことが可能?

夏までにダイビングの資格を取りたいという人が増えています。

しかし夏の海はダイビングスクールが混んでいる可能性が高いです。

混んでいる海ではなく、都心のプール等でもスクールに通うことができるのかを見ていきましょう。

 

季節や天候に関係なく学べる理由

ダイビングを学ぶためにわざわざ、海に行くのは大変です。

理由は海の近くに住んでいない人が大勢いるからです。

例え、海の近くに住んでいてもダイビングができないところもあります。

それに海での実習は天候にも左右されます。

また、海の中では海流にも気をつけなくてはいけません。

そしてプール付きのダイビングスクールは海の近くではなくても存在します。

そのため海へ移動するための時間や費用を節約できるでしょう。

何よりもプールならば天候を気にすることはありません。

そして温水を利用しているので季節関係なくダイビングを練習できます。

ダイビングのライセンスは持っているけど、しばらく潜っていない人にも役立ちます。

いきなり、海に潜るよりまずはプールで感覚を取り戻すことが大切です。

 

通勤や通学途中でも資格を取ることができる

都市にあるダイビングスクールは海に行かなくても学べますし、通学途中や会社帰りに寄ることもできます。

プール施設を用意しているので、屋内でもしっかり学ぶことができます。

さらに季節によって温水を利用しています。

また、海に潜るためには基本的な知識が学ぶ必要があり、ダイビングをする際にはダイビングライセンスが必要です。

それを怠ると海に潜った時に自分の命が脅かされる状況が起こるかもしれません。

大抵のスクールはCカードの取得が最初の目標です。

そのため都心にあると通学途中や会社帰りにスクールに通うことができ、実際に海へ潜る前に自信を持つことができます。

 

選ばれるのは立地のよさだけではない

都市にあるダイビングスクールの場合、実習のためにプール施設があります。

ほとんどの場合、温水なので季節関係なく利用することができます。

スクールを選ぶ基準に立地条件の良さが挙げられます。

都市部にあれば交通アクセスがよく通いやすいです。

ただし、立地だけがよくても利用者は満足しません。

スクールを決めるのならカリキュラムやコストなどを確認しておくことが必要です。

それでも、物理的に通える場所に存在していることが大切です。

しかも、都市にあるスクールは大抵の場合、初心者向けです。

誰もが最初は初心者なのでダイビングに慣れるまで都市部のスクールに通うことも一つの手です。

それに都市部のスクールでも海に行くプランも沢山あります。

そこで初心者向けの学科講習やプールでの体験などは都市型、郊外型の施設で行います。

次にライセンス取得のための重要なポイントとなる講習のみリゾート型の施設で行うパターンになります。

これなら、双方のサービスを受けることができます。

学科講習や講習など、自宅や勤務先から通いやすい場所にあると便利です。

大抵のスクールは予約制なので自宅や勤務先に近いと予約を取りやすいです。

講習内容のカリキュラムはスクールを選ぶ時の重要なポイントです。

そもそも、スキューバダイビングにはいくつか基本となる動作や技術があります。

ダイビングスーツを着込み、酸素ボンベを背負った状態で水に入るのは大変です。

いきなり、海に入ったらパニックが起こった場合、サポートが難しいです。

その点、浅いプールで実習を行うと基本となる動作や技術をおおよそ理解することができるようになります。

 

最後にダイビングスクールを選ぶ際に必要なのはプール講習やレッスンの内容です。

分らない場合はインストラクターなどに積極的に質問をする必要があります。

質問の答えの内容が論理的でスマートならスクールの技術の高さを判断することができます。

ちなみにCカード取得までの道のりは経済的にも時間的に体力的にも大変です。

それでも、ダイビングをすると普段見られない海の景色を楽しむことができます。

さらに設備などはスクールで用意しているところが多いので気軽にダイビングを楽しむことができます。

サイト内検索
記事一覧