【大阪・奈良】口コミで評判のダイビングスクールランキングをご紹介!スキューバダイビングのライセンス取得にもおすすめ!

ダイビングスクールのインストラクターになるためには?

ダイビングスクールにてインストラクターになるためには、どんなことをすれば良いでしょうか。また、就職状況も気になります。ここでは、ダイビングの指導的立場となる人にとって、やるべきことや、知っておくべきことをまとめていきます。また、どんな点にメリットがあるかも言及していきますので参考にしてください。

 

 

ダイビングスクールのインストラクターとは何か

ダイビングインストラクターは、ライセンスを目指す人や体験をしてみたい人のために、その指導をする人のことを言います。国内ではダイビングの指導をするために、特段の資格はありませんが、仕事の性質上、適切な指導ができることが求められます。そこで、客観的に見て指導するに値する人物であること、及び明確に判断できることが必要です。

そこで指導者として十分な技量を持っていることを証明するために、民間の団体で独自に認定資格を発行しているところもあります。さらに、より広く認知されているダイビング教育機関PADI(パディ)などの、認定試験を目指すと良いでしょう。この機関は世界で7カ国のオフィスを持っており、世界規模の教育機関です。したがって、この認定団体が実施する試験に合格することで、多くの人に信頼されることになります。まずはスクールの専門コースを受講して、実技及び学科試験対策をしっかりと行うと良いでしょう。

インストラクターにはどんな仕事があるのか

資格を取得することで、ダイビンスクールで指導する立場で生徒さんに接することができます。対象となる生徒は、ダイビングのライセンスを取得したい人や、体験講習を受けたい人たちです。生徒さんと直接、相対しますので人あたりが良い等、人柄も重要になってきます。実技指導だけでなく、店舗における接客にもあたることになりますので、なおさら大切です。

また、海にでることで常に不測のトラブルに遭遇するリスクが伴いますので、特に生徒さんの安全管理には細心の注意を払等、責任ある立場となります。肉体的にも精神的にも大変な仕事であるとも言えますが、ダイビングの素晴らしさを伝えることに喜びを持つ方に向いているとも言えます。また、専業だけでなく副業としている方もおり、仕事を通じて充実したライフスタイルを送っています。尚、非常勤の方はこれ以外に本業を持っている方もいます。

インストラクターになるメリットとは何か

それではダイビングの指導者を目指すメリットはどこにあるのか考えてみましょう。その理由のひとつは、プロとしての資格を取得した後、実績を積んで独立して店舗を構えることや、より良い転職先を見つけやすくなること等でしょう。また多くの仲間に信頼されたり、生涯を通じて付き合えるようになる人もいます。い

ずれにしても好きなことや、やりたいことを仕事にできるので、喜びも大きなものになります。泳ぎの経験もない方であっても、やる気があってスクールの指導者に教えてもらうことで、一人前の指導者になれる可能性があります。10歳以上が対象といった年齢制限はありますが、それ以外は特段の縛りはありませんので、性別、職種を問わず始めることができるのはメリットとも言えるでしょう。

 

ダイビングスクールで知識や経験を積んだら、ダイビングインストラクターを目指すことができます。国内では資格という形ではありませんが、民間団体の認定資格や世界的に有名なPADIにチャレンジしても良いでしょう。指導的立場になると関連業種への転職や副業もしやすいですし、何よりも好きなことを仕事にできる喜びが大きいと言えます。海が好きな人やダイビングのライセンスを取得したい人に、得意な知識や経験を伝える喜びがあります。またモノを教えるのが好きな人に、向いている職種とも言えます。

サイト内検索
記事一覧